本文へスキップ

公益財団法人 国際労務管理財団(I.P.M.)は、労務管理を通じ、技能・技術・人材の交流で国際貢献に寄与します。

TEL. 03-3354-4841

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-26-6 新宿加藤ビル7F

国際貢献


 当財団は1993年に労働省(現厚生労働省)の許可を受けて設立されて以来、外国人技能実習生の受入れを中心に、
 日本企業の海外進出や技術移転の支援や、国際人材交流等を通じて、海外進出企業の発展ならびに技術交流を通じた
 国際貢献に尽力してまいりました。
 外国人技能実習生の受入れでは、中国をはじめペルー・フィリピン・ベトナムから、これまでに多数の若者を受け入
 れてきました。
 各国の若い世代が日本企業の進んだ技術、生産管理システム、労務管理システム、及び勤労精神などを学んだ後、母
 国の発展に寄与しております。一方、日本企業からは、外国人技能実習生の受入れが日本人従業員の意識改革にも良
 い影響を与えてくれているとの声を多く頂戴しております。
 また、移転や進出など、海外に視野を広めておられる企業向けにも、セミナー開催・海外調査活動などを通じて、我
 が国の主として中小企業の発展を様々な側面からサポートさせていただいております。


主な国際貢献・社会貢献活動

2013年9月
ベトナムフェスティバル2013参加 (東京・代々木公園)

2013年9月14日、15日、代々木公
園にて第6回ベトナムフェスティバル(松
田岩夫実行委員長)が開催されました。
今年で6回目を迎えたフェスティバルには
第1回目同様に開会式に秋篠宮殿下ご夫妻
が登壇され、I.P.M.は関連団体のJIF
A(NPO法人日本国際親善協会)
東京
労務管理協会
と共に参加しました。
日本人はもちろんたくさんのベトナム人の
方が訪れ日越の交流の場となりました。

2013年7月
日越友好記念セミナーの開催 (福岡市)

ベトナムの国情を説明いたしました。在福岡ベトナム社会主義共和国総領事館総領事に講演いただきました。

2012年3月
技能実習生の教育に関する国際会議開催 (神戸市・六甲山)

会議の冒頭、I.P.M.池田理事より
「最終的には技能実習生にそれぞれの帰
国後の生活・人生を考えてほしい」とい
うテーマが提出され、その後各送出し機
関による事前教育の現状報告、I.P.M.
による集合講習および企業配属後の教育
の報告が、それぞれ質疑応答を交えて行
われ、活発な意見交換がなされました。
また、技能実習生受入れ企業を代表して
三和電子サーキット株式会社総務部次長
大串昭典様(写真下)にも特別にご参加
いただき、同社での技能実習生教育への
取組みについてご紹介いただくとともに、
送出し機関・監理団体に対するご意見を
頂戴いたしました。
出席された海外の方々からはI.P.M.の
集合講習が明確なねらいのもとにデザイ
ンされていること、企業配属後も全技能
実習生に対して日本語能力向上のため通
信教育を実施していることを初めて知っ
て、その充実ぶりに感心したという声や、事前教育・集合講習・配属後教育・
帰国後の4つをつなげていこうという今回の会議の主たるテーマへの賛同のご意
見をいただきました。会議終了後は会場近くのホテルで懇親会を開き、和やかな
歓談を通して相互理解を深めることができました。

【参加送出し機関】
  International Manpower Supply Co.
  TMS Human Resource Joint Stock Company
  威海方正国際人才技術合作有限公司
  煙台華天国際人材技術合作有限公司
  煙台市土畜産対外貿易有限公司       

2011年10月
JICA青年研修事業(産業振興)実施

JICA青年研修事業(産業振興)を平成
23年10月10日から26日まで、フィ
リピン共和国から17名の青年を招聘して、
中小企業庁、中小企業大学校などで講義、
日本政策金融公庫、東京都立産業技術研究
センター、大田区産業振興協会、東葛テク
ノプラザ、長野県諏訪市など中小企業支援
機関で研修、長野県川上村や新潟県南魚沼
市など農業関連施設で研修を行い、有意義
な青年研修となった。
      
2011年3月〜
日本東北地方太平洋沖地震義援金 募金及び寄附

2011年3月11日に発生した東日本大震災により、津波や原発のトラブルにより甚大な被害がもたらされました。現地周辺では被災者の救援、捜索活動が依然続いております。また、被災者の中には、外国人技能実習生も多く含まれていました。当財団では東日本大震災義援金の募金活動を進め、多くの企業や個人の方から寄せられた義援金を宮城県に寄贈しました。寄贈先の村井嘉浩宮城県知事より丁重な礼状が届きました 。
      
2008年5月〜
中国・四川省大地震義援金 募金及び寄附

当財団では2008年5月14日から中国・四川省大地震被災者支援のための義援金の募金活動を行いました。2008年7月10日時点で、合計13社、個人33名その他匿名の方々から、総額785,455円の温かいお志が寄せられました。この義援金は、当財団青島事務所を通じて、青島市紅十字会へ贈呈し、被災者救援にあてさせていただきました。
      


賛助会員のご案内

賛助会員について
当財団は、海外進出企業にかかる効率的な
労務管理システム、技術・技能移転手法な
どの開発・普及、人材交流などの事業及び
外国人技能実習生受入れ事業などを公益事
業として行うことにより、海外進出企業の
健全な発展及び当該企業で働く労働者の福
祉の増進、更には、これらの事業を通じた
国際交流の発展に寄与することを目的とし
ております。
このような当財団の目的にご賛同いただき、
国際貢献・国際協力にご尽力・ご協力いただく方々に、当財団には賛助会を設け
ております。ぜひご賛同を賜り、賛助会員としてご入会くださいますようお願い
申し上げます。

賛助会員への支援
(1)当財団発行の情報誌(I.P.M.ニュー
   ス)や外国人技能実習制度に関する
   各種情報・資料をご提供いたします。
   
(2)賛助会員様のご要望に応じ、社員研
   修会や講演等の開催を支援いたしま
   す。
   
(3)当財団主催の各種催し(研究会、セ
   ミナー、海外視察等)に会員割引価
   格にてご案内いたします。
   
(4)その他、会員各位のご要望に応じて積極的な支援活動を実施いたします。
   ※支援内容により、費用をいただく場合がございます。

入会金・会費
入会金  20 万円(1口当たり・初年度のみ)

賛助会費 18 万円(1口当たり・年額)


※入会方法については、最寄りのI.P.M.事務所までお問い合わせください。
     

バナースペース

公益財団法人 
国際労務管理財団

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-26-6
新宿加藤ビル7F

TEL 03-3354-4841
FAX 03-3354-4847