外国人材受入の仕組み

特定技能とは

 近年、深刻化する人手不足の状況に対応するため、労働力不足が著しい特定の産業分野において一定の専門性・技能を有し即戦力となる「新たな外国人材を受け入れ及び共生社会実現に向けた取り組み」の一環として、2019年4月に新たな在留資格「特定技能」が創設されました。I.P.M.は、特定技能の運営に必要な登録支援機関としても既に登録を受けており、これまで培ってきた技能実習制度における監理団体としての実績を踏まえ、法令を遵守し、支援業務の適正な運営に取り組んでいます。

制度の概要について

就労形態イメージ(告示改正後)

 
「在留資格「特定技能」に係るリーフレット(受け入れ機関向け)」より。
topへ戻る