お知らせ

2018年09月10日
国際貢献

2018年8月17日(金)~19日(日)「第16回ホイアン日本祭り」にブース出展いたしました。

2018年8月17日から8月19日の期間、クアンナム省からの招待のもと、I.P.M.もお祭りのブースを出店いたしました。
本出店に際して、I.P.M.としては、適正な技能実習生の送出し制度の説明、受入れ環境の周知、ベトナムでの浄水器設置活動などの国際交流事業の紹介、そして9月から新職種に追加される漬物製造の紹介を中心に活動いたしました。
ブースは大盛況で、日本文化に興味を持つベトナムの学生などの若者はもちろん、同じく招待ブースで出店していた長崎県職員の方々や、大阪県栄市の職員の方、群馬県高崎経済大学の学生の皆さんをはじめ、日本から来た観光客の方々にも、国際貢献である正しい技能実習制度の紹介をすることができました。
また、国際交流事業については、現地のベトナム人の皆さまを中心に、大変関心を持っていただき、I.P.M.が浄水器を設置したハティン省で、親族が学校の先生をやっている方など、熱心に活動内容の説明を聞いておりました。
そして、一番盛り上がったのが、漬物製造の紹介で、ブースで漬物を試食するスペースを設け、多くの来場者に、日本の漬物の紹介をすることができました。

I.P.Mのブースの様子

大盛況の漬物の試食

その他、韓国人や欧米系の観光者の皆さんも、ブースに展示した日本の着物や漬物に大変興味をしめしており、写真撮影や試食などで熱気に包まれておりました。

 大いに賑わいをみせ、来場者の笑顔に満ち溢れたこの度のブース出店は、I.P.M.として、有意義な国際交流の場にすることができたものと思います。今後もこのような活動を継続して行っていきたく考えております。

topへ戻る